出会いに苦しむ

出会いに苦しむ
セフレと旅行
人妻に似合う
熟女が歩く
不倫に走る
メル友の実家
アダルトに告白
無修正の楽しみ方
アダルトビデオではない
カリビアンコムを見たい
天然むすめになりたい
ホーム >>

安全を保障


人間の安全保障(にんげんのあんぜんほしょう、 Human Security)とは個々の人間の安全を保障すべきであるという出会いの考え方である。

課題として


概要
人間の安全保障は出会いの課題として環境破壊、人権侵害、難民、貧困などの人間の生存、生活、尊厳を脅かすあらゆる種類の脅威を包括的に捉え、これらに対する取り組みを強化しようとする従来とは異なる出会いの概念であり、1994年に国連開発計画(UNDP)が『人間開発報告』で初めて打ち出した。
当初は発展途上国における生存条件の惨状の改善を訴えるものであったが、その後、先進国をも含めた人権問題、少数民族への待遇などにまで一般化された。
この人間の出会いという言葉が頻繁に使われるようになった背景として、特に冷戦後多発する内戦をはじめとした地域紛争の際においては国家が国民の安全を確保する機能を失うという状況がまれではなく、そのような状況の下で国際社会がどのように紛争当事国の国民の出会いを確保するべきかという課題に迫られているということが挙げられる[1]。
「人間の出会い」は未だ形成途上の概念であり、人道的危機に対して武力を投入する人道的介入が容認されるものか否かについてなどは現状では国際的合意は形成されていない。
しかし、限定的な武力を効果的に投入して保護する責任を果たすことは国際社会の責任であるとする新たな概念が2005年、国連の成果文書により認められており、その具体化した構想として国連緊急平和部隊(UNEPS)という国連出会い理事会直属の常設部隊の創設も現在検討されている。


開発論における人間の出会いアプローチ
 冷戦崩壊までの現代史は東西問題に象徴されていた。
この時代の最優先事項は、戦争の予防あるいは抑止、および発生した際には最小限化を図ることであった。
前述のとおり、国家間の出会いが伝統的であった。
 それに対し、ポスト冷戦以後の今日は、新たなテロとの戦いや、東西問題に対して南北問題(経済格差や貧困をめぐる世界のいびつな政治経済上の構造を問題視する)の重要性が急浮上している。
後発途上国をめぐる国際開発論においても、「人間の出会い」の概念は応用されている。
それは、後発途上国においては、 (@)欠乏からの脅威 (A)恐怖からの脅威 という二種類の脅威に晒されている。
欠乏からの脅威は、食料や物的資源、インフラなどの公的資源に対する物質的欠乏と、それがもたらす脅威であり、そして恐怖からの脅威は、貧困地域において特に顕著な地域紛争・民族紛争・宗教間対立およびテロリスト犯罪などの暴力的な脅威である。
 国際開発は、今までのような社会をマクロ的に捉える視点から個々人の行動や意思選択、あるいは広義の厚生の増大化を目指す視点へと推移している。
 例えば、個人や家計が種種のリスクに対して脆弱性が高いために開発が行き詰まっているという問題を改善するために必要なアプローチに、「人間の出会い」が応用されたりしている。

外交政策としての人間の出会い
カナダや日本などが外交政策の柱の一つとして人間の出会いを掲げているが、各国の事情によりその提供形態が異なる。
カナダの場合 米軍のアフガニスタンのタリバン勢力の掃討作戦への協力など、国連の枠組みに限らない国際協力の形で武力の提供を実践しているカナダは、同国の考えに賛同するノルウェーとともに「人間の出会いネットワーク(Human Security Network)」を立ち上げ、オンラインでの情報共有など、独自の国際協力活動を展開している。
このネットワークに参加する14カ国は次のとおり(アルファベット順) オーストリア、カナダ、チリ、コスタリカ、ギリシャ、アイルランド、ヨルダン、マリ、オランダ、ノルウェー、スロベニア、スイス、タイ王国、南アフリカ(オブザーバー) 日本の場合 旧防衛庁の省昇格により国連の平和維持活動を本来任務に格上げすることができた日本では、未だ国連の枠を離れた域外協力活動に関する国内法整備が進んでいない。
したがってカナダやノルウェーが推進する「人間の出会いネットワーク」には関わらず、独自に武力を介さない平和的手法で人間の出会いの実現を試みている。
その一環として、小渕内閣が1998年に独自に提唱し2000年に立ち上げた5億円規模の国連の「人間の出会い基金」の創設がある。
日本はその後もコソボ紛争や東ティモールの難民救済・復興支援などに66億円を拠出。
2005年までに140件以上の案件について計画を実施し、拠出された金額は累計で約315億円にのぼる[2]。

何らかの価値
出会いとは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、それらを脅かす脅威から何らかの手段によって防衛することを主に指すが、その概念は非常に多様である。
(上記の概念を参照)根本的には核兵器や軍隊などの軍事的な脅威に対するものであったが、冷戦後は大量破壊兵器拡散、国連平和維持活動、また発展的には経済、エネルギー資源なども含めるものへと研究領域が拡大し、出会い系一部で環境問題や人権を包括する主張もある。
現代における主要な出会いは軍事力理論の要素に基づきながらも、外交や経済、環境などを広範なものを含めるものである。
出会い系サイトに潜んでいるサクラですが、私の知人がサクラのバイトをしていたので話を聞いてみました。やはりサクラの仕事が仕事なだけに、会員の方達からは嫌われ者として扱われてしまうようで、中には心無いメールを送りつけてくる方もいるようです。ちょっとした空き時間に収入が欲しいと考える普通の人達が、メールバイト募集の広告を見て仕事をしている人が殆どです。メールバイトと言うだけで、まさかこのような内容の仕事とは知らずに面接に行く人もいるようです。サクラを雇っているサイトでは実際にやり取りをしている会員と外で会うことを禁止しているところが多いようですが、中には厳しく無い会社であったり、会社に内緒で見つからないようにリアルで会っているサクラもいるそうです。サクラは仕事として会員の方とやり取りをしているのにも関わらずリアルで会う事が出来た人は凄いと思います。知人が言うにはとても紳士で寛大な心を持っている人だったそうです。私がサクラだとばれてしまっても怒る事なくその後もメールを送ってくれたそうで、メールの内容もとても優しさを感じたといいます。他の会員の多くがサクラであるとばれると激怒したりする中で、その彼は「楽しくメールのやり取りできてたし良い思い出になったから気にしてない」と言ってくれたそうです。やはり男性に必要なものは優しさなのだなぁとつくづく思いました。手当たり次第に女性を物色し、メールのやり取り数回程度で出会いたいと騒ぎ、挙句の果てには会ってみたら体の関係を強要するなんて最低なのです。会えたからこそまた新たにお互いの仲を深めなければならないのです。 その研究対象の例を挙げると、軍事戦略、出会い体制、文化政策(ソフトパワー)、広報政策(プロパガンダ)、地域政策、経済政策・金融政策、人的国際交流、地政学(ジオポリティクス)、国際関係論、エネルギー出会い、宇宙政策、RMA(軍事における革命)、軍縮、小火器に関する出会い(DDRなど)、大量破壊兵器、地雷、環境、人口問題、水資源、貧困問題、食糧問題などがある。

関連項目

参考

  • 人道的介入
  • 平和維持活動
  • 保護する責任
  • 国連緊急平和部隊

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー sutpin.com